一般検査

検査技師

一般検査とは

病院での尿検査は一体どういったことをするのか、今回はその方法に関してわかりやすく説明いたします。

ただ単に尿の成分を検査で調べるのではなくて、尿だけで様々な情報がわかるのです。

その尿の成分と、その成分がどういった体の異常の検査に役立つのか具体的に明記して解説いたします。

はじめに、尿の比重です。

尿の比重とは、尿の液体の重さのことを示します。尿の比重が重い場合は、基本的に尿の成分に特定の物質が過剰に溶けていることを示します。

そのため、尿の重さにバラつきがでるのです。

重い場合は糖尿病を示します。

比重が軽い場合は、体内に水分を吸収していないことを示すので、尿崩症といった慢性腎炎を示すのです。

次に、尿のpHです。

尿のpHを計測することで、食生活がわかります。

一般的に肉を食べている場合は、pHは高くなり、野菜を食べている場合は、下がります。

蛋白の入っている割合は、腎疾患がある場合はタンパク尿といって、蛋白が尿に含まれます。

ですが、運動後や女性の場合は生理中に含まれることが多いのです。

次に、ケトン体、糖ですが、これは糖尿病の方に含まれるようになります。

腎臓以外の病気の兆候として、含まれる成分に、ウロビリノーゲン、ビリルビンといった物質があります。

これらは、基本的に肝機能障害があるときに発生する成分なのです。

最後に、尿に血液が含まれている場合、これは、腎組織、尿管、膀胱に以上がある場合に含まれます。

便の場合には、血液が入っているかどうかが鍵になります。

便に血液が入っているという意味は、消化管の一部分に出血が考えられます。

つまり、胃、十二指腸、小腸、大腸の腫瘍がある場合は、食べ物の行く手を阻むように腫瘍が消化管の幅を狭くしているため出血が起こるのです。

この検査では、微量な血液の量も測定することが可能で実際に多くの方が、この検査によってがんの早期発見に役だっているのです。

ここ検査で異常が出た場合は、詳細な消化管の検査をすることが大切になります。

米国 保健・社会福祉省の文献を参考にしています。

Menu

HOME

 TOP