生化学検査

生化学検査

生化学検査とは

生化学検査とは、血液中の特定の酵素や成分といった分解物を元に、その成分から特定の臓器の疾患を見つける検査です。

今回は、そのうちの代表的な項目と疾患の種類と基本的な検査項目に関して紹介いたします。

はじめに、生化学検査で見つかる臓器で肝臓の疾患がわかります。

肝臓は、多くの物質を分解代謝する臓器で、多くの成分が血液中に出ることが知られています。

また、その肝臓に近い、脾臓や胆嚢の疾患もわかるのです。

また、腎臓もこうした生化学検査によって異常がみつかりやすい病気です。

これは、血液中の不要物を取る作用があるからです。

他にも、膵臓といった臓器の異常が見つかることもあります。

そのため、血液から特定の成分を見ることでこのような臓器の病気がわかるのです。

最初に総タンパク量です。総タンパク質は血液中に含まれているタンパク質の量です。

タンパク質は、体にとって必要な成分ですが、腎臓の機能が悪いとその数値の増加が出ることが知られています。

アルブミンや免疫グロブリンは成分に異常が見られる場合は血液中のアルブミンの分解もしくは、グロブリンを外に出す機能に異常があることになります。

この成分が低下している場合は、基本的に肝機能障害、もしくは腎臓病の可能性があります。

コリンエステラーゼ(ChE)は肝臓内に存在する分解酵素の一種で、基本的に体内の血液中に存在していますが、肝臓の正常細胞が破壊されている場合に血液中に増加することが知られています。

そのため、肝臓がんや肝硬変といった疾患を見つけるマーカーになります。

乳酸脱水素酵素(LDH)はこの酵素は、肝臓に多く存在する酵素なので多くなった場合は、肝臓疾患もしくは増殖する細胞に多くいることが知られている酵素なので、がん細胞にいる場合があります、しかし、この酵素はあくまで目安であってすぐに数値が高いからといって、異常が出るわけでは無いのです。

γ-GTP(グルタミルトランスフェラーゼ)は肝臓に存在する酵素の一種で、生化学検査を受ける際に前日に飲酒をしてはいけない要素の項目になっています。

もしお酒を飲まないでこの数値が高い場合は、基本的に肝機能に異常が出始める兆候ですので、お酒を控えることが肝心なのです。

尚、これら生化学検査は販売されている検査キットでの検査も可能です。

Menu

HOME

 TOP