細菌検査

細菌検査

細菌検査とは

細菌検査の目的は、細菌によって病気が発生したと疑がわれた時に、細菌の種類をいち早く同定し、治療をスムーズに行うために使用します。

最近は、薬剤耐性菌の発生を食い止めるいために、この細菌検査の重要性が問われています。

今回は、その細菌検査に関して紹介いたします。

細菌検査を行う手順は簡潔ではじめに、患者の体から検体を採取します。

採取する検体の箇所は、尿、便、痰といった簡単に摂取できるものから、髄液、血液と言ったものまで多くの種類があります。

また、細菌のいる場所があ特定できない場合は、一度に多くのサンプルを採取します。

これは、感染が疑わしいとされる細菌がいる箇所によって大きく異なるのです。

問診で疑わしいとされる病原菌を絞った後検体を採取し、実際に細菌感染であるかどうかを調べていくのです。

この段階では、感染の疑いがある生物種は何か予想はできるものの、感染の原因菌まではわからない段階です。

次に、実際にサンプルから寒天培養を行い、その菌を増殖した後、菌の生え方や染色によって菌の種類を同定します。

これが、感染症の原因を突き止める段階です。人間の肉眼で細菌の様子をようやく調べることが出来る段階になります。

この段階の場合で一昔は検査の段階は終了しました。

しかし、現在は耐性菌といった問題が、発生しているためこの段階のもう一段上の検査として、細菌の薬剤耐性に関する検査を行うようにしています。

つまり、感染症を突き止めた菌がどういった薬剤が効果があるのか、効果のない薬剤が無いのかを調べるのが、薬剤感受性検査になります。

この検査を行って、初めて使用できる薬剤を同定して、治療が行われるのです。

細菌はある薬剤を慢性的に使用していると同じ薬剤で殺すことが出来なくなるため、そういった菌を作らないためにもこの検査の重要性が上がっています。

細菌検査にかかる時間は、細菌を培養を必要とするので、2~3日かかります。

こういった検査の時間をいち早く短くするために、現在では複数の検査を効率良く行う方法の開発がめざましく、簡易検査では、1~2日ほどで同定できるようになっています。

Menu

HOME

 TOP